今月のご案内

旬の素材を活かすひと手間で



たはらでは8月も驚きと感動を抱いていただける、真心のこもったお料理を準備しています。お料理の随所に遊び心が隠されていますので、夏の楽しいひと時を過ごしていただければこの上ない喜びです。

●短冊に思いを込めて
「風鈴鳴らぬ淋 鳴うれし」。風鈴が鳴れば嬉しい、鳴らなければ淋しい。そんな当然の思いを短冊につづったのは、お客様の「心」にこだわる大将ならでは。たはらの空間、お料理、おもてなしを通じて、純粋に「嬉しい」と感じていただきたい。お客様の喜ぶ姿を思い浮かべながら、今日も包丁を握る。

 本日いただいたのは、七夕をテーマにした和懐石。繊細な味つけはもちろん、視覚でも楽しませてくれた。竹籠をはずして目に飛び込んできたのは、かぼすの皮とジュレをスイカに見立てた一品。赤ワインで色味を表現したスイカには、さりげない気づかいが隠されていた。かぼすの苦みがジュレに移らないように、境目には蒸したフォアグラが塗られているのだそう。そのきめ細やかなひと手間は、見た目や味わいでは全く気づけない。たはらを訪れると、いつも驚きと感動の連続だ。

 驚きと言えば、今が旬の「鮎の塩焼き」。鮎が登場するや否や、思わず歓声をあげてしまった。笹の上に添えられた八女産の鮎からは、勢いよく煙が立ち昇っている。お皿にただ盛りつけられた鮎とは違う圧倒的な迫力と躍動感を、この夏はお客様ご自身で体感してほしい。

 たはらのお料理には、全て思いを込めたテーマがある。味覚や視覚だけでなく、「心でお料理を楽しんでいただきたい」。それが、たはらの願い。8月は、どんなテーマで驚きと感動を味わっていただこうか。夏の食材を前に、夢は膨らむ一方。「花火大会」をイメージした鮮やかな和懐石、夏の暑さで疲れたお客様には「ほたる」をテーマにした安らぎの一品など。どうぞ今月も存分に期待していただき、たはらで夏のひと時をお愉しみください。

(8月発送DMより)
日本料理たはら
店舗外観
電話:0942-33-7008、FAX:0942-33-7011
〒830-0013 福岡県久留米市櫛原町128-4
【営業時間】昼 11:30~14:00 / 夜 17:30~22:00
【定休日】水曜日 ※祝祭日の場合は営業致します。
【アクセス】西鉄櫛原駅より、久留米大学病院方面に徒歩7分
© copyright 2015 日本料理たはら