今月のご案内

親孝行の晩餐を



母の日のプレゼントは、女将の大好きなバラの苗木を。ここ数年、田原家の姉妹の間で恒例となっている。今年は”花嫁“を意味する愛らしいピンクの「ラ・マリエ」が加わった。おかげでこの時期の自宅の庭は、ちょっとしたバラ園。

一方『たはら』では、例年以上に母の日前後の予約が多かった。中には、熊本地震で被災したご両親を連れて来られたお客様も。「毎日のようにコンビニのお弁当を食べているので、今日くらいは美味しいものを食べさせてあげたくて」とご子息。日頃の感謝を忘れないためにも、大切にしたい一日だ。

6月19日(日)は父の日。日本ではあまり定着していないが、実はバラは父の日の花。アメリカが発祥で、カーネーション同様、親が健在なら赤、亡くなっていたら白いバラを贈るのだそう。

先日、演出家の蜷川幸雄氏が身罷った。娘である蜷川実花さんの「父の娘でいられたことを誇りに思います」というコメントが印象的だった。そんな風に公然と我が子に言われたら、きっと親冥利に尽きるだろう。「いつの日か、うちの娘たちもそう思う日が来るのかな」と女将。

できれば、親孝行は健在のうちに。父の日は、いつもよりちょっぴり豪華に『たはら』で親子のひとときをどうぞ。

(リセット6月号より)
日本料理たはら
店舗外観
電話:0942-33-7008、FAX:0942-33-7011
〒830-0013 福岡県久留米市櫛原町128-4
【営業時間】昼 11:30~14:00 / 夜 17:30~22:00
【定休日】水曜日 ※祝祭日の場合は営業致します。
【アクセス】西鉄櫛原駅より、久留米大学病院方面に徒歩7分
© copyright 2015 日本料理たはら